【リツアンSTC】SESや派遣からフリーランスになろうとしてる人へ。私はリツアンSTCという選択肢を提示したい。

ritsuan_freelance

「お客さんから60万円もらってるのに、給料は23万円しかもらってない」

常駐SEあるあるですね。

そして常駐SEをやっていると

「同期より成果を出しているのに給与は変わらない」

「請求単価があがったのに給与は変わらない」

こういった不満がだんだん積み上がってきます。

そして転職を考え、フリーランスになるか悩む時期がきます。

しかしフリーランスの給与、働き方に魅力を感じつつも、

事務作業を自分でしないといけない

案件がなくなったときが不安…

デメリットを考えるとなかなか行動できないと思います。

そういった方に私はリツアンSTCを強くおススメします。

リツアンSTCという選択肢

・リツアンSTCは高還元に特化したSES、派遣会社です。

本社は静岡県掛川市にあります。

どれくらい高還元なのか請求単価60万円で計算してみます。

請求単価 60万円 × 0.68 = 給与 40万8000円

同じ業界の大手で言うとメイテック、アルプス技研、テクノプロといった企業です。

派遣という言葉に抵抗感があるかもしれませんが、

お客さんとのリツアン間の契約が派遣契約もしくは準委任契約(俗にSES)になり、正社員雇用です。

営業所は本社をはじめ東京、名古屋、大阪となりますが、

全国どこでも案件があれば入社可能です。

年末調整も通常の会社と同じように書類を提出するだけです。

・リツアンSTCの給与テーブル

リツアンSTCの給与テーブルはWEBにそのまま掲載されています。

1~3年目は基本的に下記のテーブルに従って支給されます。

・4年目からプロ契約という契約形態を選択できる。

上記の表はあくまで1~3年目で4年目からプロ契約という契約形態を選択可能です。プロ契約は、

請求単価ー(社会保障費+65000円)=給与

という仕組みになっており、会社の利益は65,000円(固定)のみとなります。

選択可能になっているのは、本人の働き方や単価によってプロ契約を選ばない方が給与が高い場合があるためです。

また10年目になると会社の利益は0円になり、社会保障費を除いたものがすべてお給与になります。

フリーランスの給与の良さと比べても申し分ないです。


リツアンSTCにEntryしてみる

 

大手とリツアンSTCの違い

給与の違いは先ほど説明したので、給与以外の違いを述べたいと思います。

・リツアンSTCは新卒採用を行っていない。

目安として業務経験が2年以上経験がある方を中途採用しています。

お客さんが新卒でも育てるとおしゃった場合に限り、可能かもしれませんが、

期待はあまりできないと思います。

また大手さんでよくある待機の方々もいません。

常にフル稼働状態を維持しています。

・内勤社員は少数精鋭のみで構成されている。

500人以上いるエンジニアを10数人の優秀な内勤社員で支えています。

・通常の勉強会、帰社がない

リツアンSTCは帰社がありません。

また通常の勉強会と呼ばれるものもありません。

・飲み会費が手当として支給される仕組みがある

リツアンSTCのPR目的として飲み会費申請を行い承認されれば、一人当たり5000円の手当が支給されます。

もぐもぐ手当という名前のPR手当です。

また飲み会ではなく、もっとフラットなもので使いたいという声もあり、カフェなどでも利用可能です。

・副業が可能

申請すれば可能といった会社はよくあるかもしれませんが、

リツアンSTCは副業を推進しているため、申請は必要ありません。

またリツアンSTCは自社社員の会社紹介ブログを社内副業の一環として仕組み化されています。

私のブログもその仕組みを一部利用しています。

・社内副業の仕組み

リツアンSTCではリファラル制度というものがあります。

もしかすると応募者さんの企業さんでも導入されているかもしれません。

具体的なことを言うと1人知人を紹介し入社すると10万円が紹介者に手当として支給されます。

普通の企業さんなら1度で終わりですが、リツアンでは毎月5000円お給与に上乗せされます。

ここまででも凄いことだと僕は思います。

しかしこれは知人が多い人に限定されてしまい、恩恵を受けられる人はそう多くありません。

リツアンSTCでは全ての人にチャンスを与えられるように、ブログ経由で入社された場合でも支給するという制度ができました。

どうでしょうか。こういった会社が実在するのです。

世の中は変わりつつありますね。

・社内副業の延長 スズタカ方式

これは会社ではなく僕が決めているルールの1つです。

先ほど10万円支給というお話をしましたが、

行動してくれた人には還元してあげたいという気持ちから

僕はその支給額のうち3万円程度を上限に、僕の紹介で入社された方にプレゼントを用意します。

過去には

・ニンテンドースイッチ

・Amazonの欲しいものリスト

など具体的なものから、そうでないもののリクエストを受けプレゼントしました。

できれば手渡しできれば良いと思いますが、

遠方の方の場合難しいのでAmazon欲しいものリストを用意していただけると幸いです。

【リツアンSTC】リファラル制度を利用して入ってくれた知人に還元しました!

【リツアンSTC】リファラル制度を利用して入ってくれた知人に還元しました! その2

 

リツアン社員間の交流

・半年に1度程度の全体飲み会

リツアンSTCは帰社がないため、社員間の交流はほとんどありません。

ですが、約半年に1度全体の飲み会が開催されます。

(リツアン社員の紹介であればリツアンに在籍していなくても参加できます)

もちろん参加自由で、会社負担です。もっと交流したい方はTwitterで交流しましょう。

ときどきTwitterで飲みに行く話がでます。

・不思議な異業種交流会

過去にイケハヤさんをはじめ、幻冬舎の箕輪さんとの交流会が開催されました。

異業種交流会は飲み会同様参加費無料ですが、先着順となるため早めに返答するのをお勧めします。

またリツアンSTCは

・東京大学

・東京藝術大学

の学生とも接点があり、東京の事務所では学生が一部を利用されています。

 

リツアンSTCにエントリーする前にお勧めする4つのこと

①TwitterでリツアンSTCの方にアクションをとる

クッションを設けるという意味でリツアンSTCの方にメッセージを送ることをお勧めします。

リツアンSTCは内勤社員の人数が多くはありません。

多くの方が応募されている場合、なかなか手が回らないことがあります。

そこで僕らを頼ってください。僕らは営業はできませんが、

営業の方に連絡をとったり、応募者さんのQuestionを解決することができます。

このブログを読んで興味いただけたなら僕にアクションを取ることをお勧めしますが、

キャラ的に合わないということであれば他の方を頼ってみるのも手です。

もちろんエントリー後に連絡がこないといった場合でもご相談いただければと思います。


SuzuTakaのTwitter

 

②欲しい年収を決める

応募者さんの現在の単価から給与早見表ではじき出すのでも良いですし、

私はもっと評価されるべきだと思う人はこれくらいが妥当だというところを決めてください。

年収額で不採用になることはありません。

お客さんが提示するスキル、金額にマッチするかしないかです。

③職務経歴書を準備する

SESや派遣をやってきた人は、もう当たり前なものかもしれないですが、

職務経歴書を準備しておくとスムーズにことが進みます。

④僕を飲みに誘う

関東圏でしか対応できませんが、飲みに誘ってください。笑

気軽にTwitterでコンタクトしていただければと思います。

 

最後に

リツアンSTCの魅力を伝えることはできましたでしょうか。

フリーランスもとても魅力的ですが、リツアンSTCはさらに魅力的なものであると思います。

なぜならリツアンSTCは単価直結の高給与、自由な働き方、正社員雇用といった

フリーランスのデメリットをカバーしつつ働ける会社であるからです。

あなたからのコンタクトを是非お待ちしております。

ではでは。


リツアンSTCにEntryしてみる

 

 

あわせて読みたい