【リツアンSTC】在籍4年目でリツアンのデメリットなどについて考える

久しぶりにリツアンSTCについて書きます。

リツアンSTC在籍4年目のWEBエンジニアです。

WEBエンジニアといっても、デスクトップアプリケーションやらAndoroidなどもやってたことあるので基本なんでもやります。

言語はJava、Pythonが主です。

リツアンSTCのデメリット

基本特にないですが、いくつかあげれるものをあげてみます。

ネームバリュー

華やかさは0に近いです。きらきらせいはまったくのゼロ。

営業がイケメンぞろいで、きらきらに見える可能性がありますが、営業だけです。

有名なWEB企業にある華やかさはありません。あるのは高還元です。

華やかさはないですが着実と知名度はあがってきています。

優秀な人たちのおかげでSIerの中では結構名は通ってきていると肌で感じます。

やりがい

企業としては0に近いです。

これはリツアンがというよりSES企業、派遣がといったほうがいいかもしれません。

SIerとかになってくると指揮命令者がプロパーで下に何人つけられるかなどをやりがいとして持てるかもしれませんが、

リツアンにはそういったやりがいはありません。

いい人材を継続的に紹介できる人は、紹介手当が継続的にもらえる仕組みがあるのでやりがいを見つけられるかもしれません。

仕事にやりがいをもとめるのであれば、案件選びは慎重に行ったほうがいいです。

逆に仕事にやりがいは必要ない人にはもってこいです。自分は資産形成に重きをおいているのでリツアンが大好きです。

組織

もし読んでいる方が、SIerや事業会社だとするとリツアンは会社として考えられないかもしれません。

エンジニア同士は基本フラットな関係性です。

基本的に単独でプロジェクトに参画するので、上も下もありません。

オフィスも東京だと1軒家ですし、よくある帰社して高めあうみたいなことはありません。

会社内で知っている人はSNSの人と内勤だけなんてざらにいると思います。

デメリットがない

表題の通り、デメリットがないことがデメリットかもしれません。

胡散臭い。その通りだと思います。自分もそうでした。

入って4年目になりますが、やめたいと思ったことはありません。

やめていった人の理由も、プロパーの会社から声がかかったとか、もっと稼働を減らして楽な生活をしたいとかです。

自分がもしやめることになったらFIREするための資産形成が完了したとかになると思います。

リツアンに在籍している人の能力は様々ですし、基本的に客先面談が通るような人なら不採用になることはないです。

そのなかでもリツアンに自分がおススメしたい人(自分に似ている人)は、

自分の限界を感じているんだけど給与を上げたい人、資産形成を早期で完了して生活のための労働から脱出したい人です。

 

さいごに

ながながとデメリットなのかメリットなのかわからないことをつらつら書いてきましたが、

もしリツアンに興味があれば、私のブログからエントリーいただければ嬉しいです。(私のブログで興味をもったといっていただいてもOKです)

ブログ経由や口頭でも紹介になると思うので紹介手当対象になった場合は初回の初回手当10万円は差し上げます。

リツアンSTCにEntryしてみる

不安な方は私に直接連絡していただいてもOKです。鍵垢だと気づけないのでそこは注意ください。

SuzuTakaのTwitter

 

あわせて読みたい